看護師だから出来ること

医療業界で働いているからこそ、出来ることや分かることってあると思うんですよね。
普段、看護師として働いているからどうすれば病気の予防になるのか、どんなものを食べればいいのかとか。
自分の生活の中でその経験や知識が役に立ちますし、お子さんを抱えている人も風邪をひいたときに対処が出来るはずです。
また、震災などが起きてしまった時に救急隊に協力することが出来るので、病院の外でも活躍することが可能なんです。


看護師として向いていないのは?

向いていないと言われているのは、コミュニケーションをとるのが苦手だという人やプロとしての自覚がない人。
やはり人とよく接する仕事なので、人見知りとか話すのが苦手だという人は看護師に向いていないそうです。
自己管理のできない人や大人になれない人も向いていないと言われているから、当てはまる人は避けた方がいいかも。
患者さんが病気の不安で当り散らしてしまった時、言い返して口げんかになってしまう人も看護師には向いていません。


求人サイトでチェックしたいポイント

看護師の転職情報サイトを利用する時、どのサイトがいいのか迷ってなかなか決められない人もいるのでは?
求人サイトを選ぶ時のポイントとしては、どのくらいの情報を掲載しているのかという点が重要になってきます。
東京に住んでいる人は東京の募集の多い場所を、自分の住んでいる場所の求人情報が多い場所などを選ぶのがいいですね。

<おすすめ看護師求人サイト>
看護roo!(看護ルー)・・・・地域密着型求人も多数ある、人気の看護師求人サイト「看護roo!(看護ルー)」!登録前に一度こちらのサイトをチェックしてみてください。


看護師は無理して東京で働く必要はない

「東京に住みたいから、都内の病院の看護師として働きたい。」こんな気持ちを持って日々求人広告をチェックしている人は多いようです。
確かに都心の医療機関の方が給料はいいですし、華やかな町ですから若干優雅な生活が送れますが、しかし無理をして上京する必要もないんですよ。
それよりも、考えておくべき重要なことはたくさんあるのです。


●看護師が東京で働くのにはこんな罠がある●

都会に憧れがあるからそちらで看護師として働きたいと思っている人は多いでしょうが、やはり給料で選んだという方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。
しかし、収入と同時に出費も多くなるのが東京での暮らしなのです。
家賃も外食費も物価も、地方よりかはだいぶ高くなります。
ましてや一人で上京するという人はそれらを一人で負担していかなければならないわけですから、結局は優雅な暮らしなんてできなくなってしまいますよ。
遊びやブランド物の誘惑も強い街なので、どうしても都会で働きたいという場合には出費に気をつけましょう。


●お金をセーブしたいのなら地方での勤務がいいかもしれない●

地方病院でも、十分な求人はあると思います。
ましてや看護師不足といわれている世の中ですから、地方の方がすぐに採用されるかもしれません。
そして実家が地方にあるという場合、そこから通えば家賃や生活費などの出費も都心での生活に比べてだいぶ安く押さえることができます。
疲れて帰ってきてもご飯を出してくれる人もいるでしょうから、そんなときには「実家でよかった」「地方でも悪くないな」と思えるでしょう。
一人暮らしの場合でも、こちらの方が都心に比べると比較的家賃等は安くなるといわれているので、出費を抑えたいのなら地方勤務も視野に入れてみるといいでしょう。


あなたには看護師としての未来が待っている

看護師として歩み始めたとしても、早い段階で看護師の道を退いてしまう人も少なくありません。しかし、だとしても責められるものでもありません。
看護師の勤務は決して楽なものではなく、誰にでも楽々続けていけるものではないからです。勤務時間は不安定で、時間の自由が効かず、患者さんの対応は難しく、知識も求められます。
だとしたらなぜ、看護師の存在は無くなることなく、一定の人数看護師を志す人が決していなくならないのでしょうか。それには当然看護師の苦しみが存在するように、看護師としての喜びも多く存在するからです。


看護師が喜びを感じるのは、人との触れ合いの中

看護師は人とのコミュニケーションが仕事の主です。その患者さんの心の叫びも体の苦しみも察してあげて、それに対応するのには当然知識と、人への強い関心が求められます。他人に対してどうでも良い、という思いがあれば治療しようなんて思わないのではないでしょうか。
しかし関心を寄せて、他人に思いを寄せるとどうなるでしょう。治療の先にある回復。回復を経験した患者さんからは、強い感謝が寄せられます。
感謝の想いを感じることができる仕事は決して少なくありません。そもそも仕事は人のためにやるもので、人のために行った行動には感謝がついてくるものです。お客さんを助けた仕事にはお客さんから感謝されるでしょし、上司、同僚から感謝されることも少なくないでしょう。
ですが、看護師がされる感謝は少し特殊です。命に係わる病気、けがを乗り越えたとしたら、患者側が感じる感謝も日ごろ感じる感謝の比ではないでしょう。


特殊な職業、看護師

看護師はどこまでいっても特殊な仕事です。仕事内容はいうまでもなく、その職務体系、求人体系も特殊ですし、東京、大阪など地域差も決して小さくありません。
専用の転職サイトも数多くありますし、求人広告が多く流れる時期にはテレビコマーシャルを多く目にします。他の職業とは違うということがよくわかりますね。他の職業で当てはまる、常識とされる情報でさえも看護師には当てはまることがないことが多いです。
そこに働いている人も、働こうとしている人も特殊な人があつまります。
一般的にはやさしい、人に尽くしていることばかり名イメージですが、看護師は体力勝負ですから、体力に自信がある人がむいている、むしろ、体力が無い人なら厳しいかもしれません。
しかしもし、志したい気持ちが強いのなら、目指してみることで得るものも多い職業です。


看護師としてのこの先生きていく

看護師として生きていくつもりなら、まず学校で看護師の知識を蓄えたあと、看護師の求人情報をしっかり見比べて、ここぞというところを選ばなくていけません。もちろん働いていく上で重要なポイント、給与、働く上でかかせない、日々の労働を疲れを癒すための休日の情報。看護師の勤務時間は特殊で、夜勤や残業の要素が大きいのでそれもしっかり頭に入れながら働く病院を選ぶ必要があります。
これかた先もずっと看護師として生きていくのならより良い環境に自分を置いておく必要があります。どれだけタフな人もあまりにつらい職場環境では長くは耐えられません。苦しみにもいずれ慣れてくるでしょうが、心と体、どちらかが破たんしてしまうのも目に見えています。
今後の自分の想いを馳せた時、明るい気分になれるような、そんな未来を求めているべきです。


看護師としての未来を生きる道程、助けてくれる人はいない

看護師としての進路を選び、実施に歩み始めたとしても、きっとあなたに訪れるのは苦しみの連続です。あなたは叫ぶ。むせび泣く。でもそこでしっかりその苦しみに正しい理解を示して正しく対処してあげられるのは、他の誰でもない。自分だけです。
自分だけが、自分を助けてあげられるのです。遠く、故郷を離れてやってきた東京。そこで一人で暮らしているあなた。きっと出会いもあるでしょう。新しい友人、恋人もできるかもしれません。
ですが、最後の最後わかります。自分は一人だったと。そこでとる行動が、その後の看護師として患者さんと触れ合うときにも生きてくるかもしれません。


看護師は業務に縛りが多いが、時代に縛られない

看護師は昔からいました。決して最近生まれた職業ではありません。形態、業務の内容に細かい変更はくりかえされていますが大まかな部分は同じです。
人を助ける、という普遍的な願いを受けて看護師は働き続けます。その願いは途切れることなく、今までもこれからもずっと存在し続けるでしょう。その助けが必要とされているかぎり、看護師はこれからも存在するでしょう。
体のケアを主に行うのはメインの医者ですが、看護師は患者によりそって心のケアを行わなければなりません。その特殊な能力を求められる特殊な職業。志すのにもそれ相応な覚悟が求められるのではないかと思います。人一人の命の重さは決して軽くないからです。
人と向き合い、心と、体と向き合うのは決して楽なことではないのです。心に刻んでおきましょう。


看護師になるためには専門学校と大学、どちらがいい?

看護師になるためには、看護科のある大学か専門学校を出ることになります。今までは国立大学にしか看護科がなかったことから、専門卒の看護師が非常に多かったのですが、現在は私立の大学でも看護の資格を目指すこともできるため、大卒のナースが増加しています。


求人などで有利な看護師は大卒?

選択肢が大学か専門学校と増えたナースへの道ですが、学費面の問題などもなければ、できるだけ大学を出ることをすすめられるそうです。求人などでも、大卒ナースのほうが給与面での条件がいい他、昇給なども大学を出ている方がしやすいと言われています。これは東京に限られた意見ではなく、地方でも徐々に、看護師を目指すならばできるだけ大学をという意見が、現役のナースからも出ているそうです。


ナースを辞めた後の選択肢も広くなるという意見

看護大学を出ることで、ナースの仕事ではない仕事を選ぶ際にも、入社資格に大卒を条件としている会社も視野に入れることができるというメリットもあります。また看護の勉強も、卒業論文の他にディスカッションなど、専門学校では学べないことを時間をかけて学ぶことを目指しているということから、病院でも大卒の新人を優先して雇用する傾向が強くなっているそうです。


男性の看護師が増えて嬉しいのは病院?

男性が増えてきているので、女性も少しずつ安心できる環境になってきているのではないでしょうか?
男性看護師が多くなって嬉しく思うのは、女性ではなくて病院側だと言われていますが、その理由とはなんでしょう。
それは最新の医療機器を任せることが出来るからなんだそうですよ、最近は使い方も難しくなっていますからね。
機械系に強い男性の方が病院側は嬉しいし助かるみたいですし、女性看護師にとっても助かるみたいです。


看護師は向き不向きがあります

医療の現場で働きたいと思っていても、向き不向きがあるため始めてもすぐに辞めてしまう人もいるみたいです。
看護師の現実と理想のギャップに直面して、辞めてしまう人も多いらしいからそうなってしまわないよう事前に調べて。
いきなり求人サイトで見つけた場所へ行くのではなくて、実際に何度か様子見の為に行ってみるのがいいと思いますよ。
働かなくてもなんとなく雰囲気などがわかるでしょうし、どんな人がいるのかという事もわかります。


自分に合っている場所を探すのは大変?

なかなか自分の希望に沿った場所を探せないので、大変かもしれませんね。
看護師として働きたいけれど、自分に合っている場所でなければ長続きしませんから・・・慎重に探しましょう。
東京は募集広告も多いので、数か所自分の希望条件を満たす場所が見つかるかもしれません。


看護師は昔までナースと呼ばれていた

以前までは、みんなナースと呼んでナースキャップをかぶったりしている女性が多かったですよね。
近年になってから少しずつ男性の看護師が増えてきて、ナースは差別用語になるとの事で看護師になりました。
もっと正確に言えば、男性だと看護士という書き方になるみたいなので、頭の片隅にでも入れておいてもらえればと。
ナースキャップをかぶらないのは、不衛生だしかぶってもすぐに取れてしまうからなんだそうですよ。


学会と看護師

よく耳にする学会とは一体何の事でどんなことをしているのでしょうか?
学会で不在の為とか見かけることもありますが、症例発表とか勉強会等をしているらしいので、しばらく戻らないみたい。
医師が席をはずしてしまうと、患者さんも看護師もなんだか心細くなってしまいますよね。
ただ、医師がみんな不在というわけにはいかないので、じゃんけんなどで決めているという噂も・・・。


評判をチェックしてみて

自分が良いなと思った職場を見つけたら、評判を調べてみることをオススメします。
その病院で看護師として働くという事は、病院の顔になるという事ですから評判をチェックしておく必要があります。
求人サイトでいい場所を見つけたら、東京や神奈川とかで調べて比較をして良い場所を絞っていきましょう!


看護師は女性ばかりで怖い?

まだまだ女性が多く活躍しているので、その環境に不安や恐怖感を抱いている人も多いようです。
看護師は女性しかいないから、悪口を言われたり何か厳しいことを言われるんじゃないかとか、それは環境によって違います。
そういったことが無いところもあれば、そういった場所もあると現役看護師が語っているので、環境については確認を。
また、自分が面接に行く前に何度かその病院に出向いて様子見してみることをオススメします。


看護師と夜勤について

日中だけではなくて夜勤もありますから、そのことを忘れないようにして下さいね。
看護師が夜勤するにあたって必要なものは、チームワークだと言われているので苦手な人がいると大変かもしれません。
限られた人数で行ないますから、団結力が無ければいざという時に対処することが出来ませんから大事なんです。
男性がいてくれると助かるという声も出ているので、肉体的に大変だという事が分かりますね。


収入で選んでいる人が多い?

実際に転職をしている人は、収入に関して不満を持っている人が多いらしいんです。
初任給の平均が約25万円前後だと言われているから、やっぱり看護師として働いているのに少ない気がしますよね。
求人サイトで検索する際、収入で決めている人も多いみたいなのでそういった決め方もアリだと思いますよ。
東京は募集広告が多いから、たくさんでてきそうですね。


看護師ってAEDが使えないの?

サポートをしたり注射とか何でも出来そうなイメージがありますが、実はあのAEDを使えないのだそうです。
看護師なのに使えないなんて意味がないと思った人もいるでしょうが、全員がそうだというわけではないそうです。
病院で使う事になったとしても、医師がすぐに駆けつけてそのサポートをするだけなので使える人はごくわずかなんだそうです。
だから現在では、新人研修の際に習う所も多くなっているらしいのですが、これってどうなんでしょうね?


看護師として成長しよう

医師のサポートをすることや注射などをするのが仕事、それだけじゃないと思うんです。
サポートばかりしていても自分の成長には繋がりませんし、医師に任せっぱなしでは患者さんたちからも厳しいことを言われてしまいます。
何故なら患者さんたちから見れば、看護師も立派な医療関係者なのですから知らないことがあったり使い方を知らないとなると知らないの?と思われても仕方のない事かもしれないので、仕事には責任を持ちましょう。


比較をしてみましょう

時間があるときで構わないのですが、自分の気になった場所を見つけたらその口コミをチェックしてみましょう。
看護師は病院の顔になるわけですから、自分の勤める病院について調べるのは当然のことです。
また、東京と他の県の病院を比較して違いを見つけ出して考えてみるのもいいと思いますよ。
求人サイトは、複数登録しておくほうが情報も多くていいでしょう。