あなたには看護師としての未来が待っている

看護師として歩み始めたとしても、早い段階で看護師の道を退いてしまう人も少なくありません。しかし、だとしても責められるものでもありません。
看護師の勤務は決して楽なものではなく、誰にでも楽々続けていけるものではないからです。勤務時間は不安定で、時間の自由が効かず、患者さんの対応は難しく、知識も求められます。
だとしたらなぜ、看護師の存在は無くなることなく、一定の人数看護師を志す人が決していなくならないのでしょうか。それには当然看護師の苦しみが存在するように、看護師としての喜びも多く存在するからです。


看護師が喜びを感じるのは、人との触れ合いの中

看護師は人とのコミュニケーションが仕事の主です。その患者さんの心の叫びも体の苦しみも察してあげて、それに対応するのには当然知識と、人への強い関心が求められます。他人に対してどうでも良い、という思いがあれば治療しようなんて思わないのではないでしょうか。
しかし関心を寄せて、他人に思いを寄せるとどうなるでしょう。治療の先にある回復。回復を経験した患者さんからは、強い感謝が寄せられます。
感謝の想いを感じることができる仕事は決して少なくありません。そもそも仕事は人のためにやるもので、人のために行った行動には感謝がついてくるものです。お客さんを助けた仕事にはお客さんから感謝されるでしょし、上司、同僚から感謝されることも少なくないでしょう。
ですが、看護師がされる感謝は少し特殊です。命に係わる病気、けがを乗り越えたとしたら、患者側が感じる感謝も日ごろ感じる感謝の比ではないでしょう。


特殊な職業、看護師

看護師はどこまでいっても特殊な仕事です。仕事内容はいうまでもなく、その職務体系、求人体系も特殊ですし、東京、大阪など地域差も決して小さくありません。
専用の転職サイトも数多くありますし、求人広告が多く流れる時期にはテレビコマーシャルを多く目にします。他の職業とは違うということがよくわかりますね。他の職業で当てはまる、常識とされる情報でさえも看護師には当てはまることがないことが多いです。
そこに働いている人も、働こうとしている人も特殊な人があつまります。
一般的にはやさしい、人に尽くしていることばかり名イメージですが、看護師は体力勝負ですから、体力に自信がある人がむいている、むしろ、体力が無い人なら厳しいかもしれません。
しかしもし、志したい気持ちが強いのなら、目指してみることで得るものも多い職業です。


Comments are closed