看護師としてのこの先生きていく

看護師として生きていくつもりなら、まず学校で看護師の知識を蓄えたあと、看護師の求人情報をしっかり見比べて、ここぞというところを選ばなくていけません。もちろん働いていく上で重要なポイント、給与、働く上でかかせない、日々の労働を疲れを癒すための休日の情報。看護師の勤務時間は特殊で、夜勤や残業の要素が大きいのでそれもしっかり頭に入れながら働く病院を選ぶ必要があります。
これかた先もずっと看護師として生きていくのならより良い環境に自分を置いておく必要があります。どれだけタフな人もあまりにつらい職場環境では長くは耐えられません。苦しみにもいずれ慣れてくるでしょうが、心と体、どちらかが破たんしてしまうのも目に見えています。
今後の自分の想いを馳せた時、明るい気分になれるような、そんな未来を求めているべきです。


看護師としての未来を生きる道程、助けてくれる人はいない

看護師としての進路を選び、実施に歩み始めたとしても、きっとあなたに訪れるのは苦しみの連続です。あなたは叫ぶ。むせび泣く。でもそこでしっかりその苦しみに正しい理解を示して正しく対処してあげられるのは、他の誰でもない。自分だけです。
自分だけが、自分を助けてあげられるのです。遠く、故郷を離れてやってきた東京。そこで一人で暮らしているあなた。きっと出会いもあるでしょう。新しい友人、恋人もできるかもしれません。
ですが、最後の最後わかります。自分は一人だったと。そこでとる行動が、その後の看護師として患者さんと触れ合うときにも生きてくるかもしれません。


看護師は業務に縛りが多いが、時代に縛られない

看護師は昔からいました。決して最近生まれた職業ではありません。形態、業務の内容に細かい変更はくりかえされていますが大まかな部分は同じです。
人を助ける、という普遍的な願いを受けて看護師は働き続けます。その願いは途切れることなく、今までもこれからもずっと存在し続けるでしょう。その助けが必要とされているかぎり、看護師はこれからも存在するでしょう。
体のケアを主に行うのはメインの医者ですが、看護師は患者によりそって心のケアを行わなければなりません。その特殊な能力を求められる特殊な職業。志すのにもそれ相応な覚悟が求められるのではないかと思います。人一人の命の重さは決して軽くないからです。
人と向き合い、心と、体と向き合うのは決して楽なことではないのです。心に刻んでおきましょう。


Comments are closed