看護師になるためには専門学校と大学、どちらがいい?

看護師になるためには、看護科のある大学か専門学校を出ることになります。今までは国立大学にしか看護科がなかったことから、専門卒の看護師が非常に多かったのですが、現在は私立の大学でも看護の資格を目指すこともできるため、大卒のナースが増加しています。


求人などで有利な看護師は大卒?

選択肢が大学か専門学校と増えたナースへの道ですが、学費面の問題などもなければ、できるだけ大学を出ることをすすめられるそうです。求人などでも、大卒ナースのほうが給与面での条件がいい他、昇給なども大学を出ている方がしやすいと言われています。これは東京に限られた意見ではなく、地方でも徐々に、看護師を目指すならばできるだけ大学をという意見が、現役のナースからも出ているそうです。


ナースを辞めた後の選択肢も広くなるという意見

看護大学を出ることで、ナースの仕事ではない仕事を選ぶ際にも、入社資格に大卒を条件としている会社も視野に入れることができるというメリットもあります。また看護の勉強も、卒業論文の他にディスカッションなど、専門学校では学べないことを時間をかけて学ぶことを目指しているということから、病院でも大卒の新人を優先して雇用する傾向が強くなっているそうです。


Comments are closed