看護師は昔までナースと呼ばれていた

以前までは、みんなナースと呼んでナースキャップをかぶったりしている女性が多かったですよね。
近年になってから少しずつ男性の看護師が増えてきて、ナースは差別用語になるとの事で看護師になりました。
もっと正確に言えば、男性だと看護士という書き方になるみたいなので、頭の片隅にでも入れておいてもらえればと。
ナースキャップをかぶらないのは、不衛生だしかぶってもすぐに取れてしまうからなんだそうですよ。


学会と看護師

よく耳にする学会とは一体何の事でどんなことをしているのでしょうか?
学会で不在の為とか見かけることもありますが、症例発表とか勉強会等をしているらしいので、しばらく戻らないみたい。
医師が席をはずしてしまうと、患者さんも看護師もなんだか心細くなってしまいますよね。
ただ、医師がみんな不在というわけにはいかないので、じゃんけんなどで決めているという噂も・・・。


評判をチェックしてみて

自分が良いなと思った職場を見つけたら、評判を調べてみることをオススメします。
その病院で看護師として働くという事は、病院の顔になるという事ですから評判をチェックしておく必要があります。
求人サイトでいい場所を見つけたら、東京や神奈川とかで調べて比較をして良い場所を絞っていきましょう!


Comments are closed